2021年3月31日更新

FQ7.術前化学療法のpCR予測と早期効果判定にPET/乳房専用PETは勧められるか?

2.乳癌の精密検査(治療前)

ステートメント
・術前化学療法のpCR予測と早期効果判定にPET/乳房専用PETの有用性が示されつつある。

背 景

近年,術前化学療法は標準療法の一つとして行われ,画像を用いた効果判定が重要と考えられている1)。術前化学療法を実施するにはprogressive disease(PD)例の早期検出を含め治療効果のモニタリングが極めて重要であり,造影CTやMRIによる術前化学療法後の評価が,触診,マンモグラフィ,超音波と比較して正確であると報告されている2)

腫瘍細胞のグルコース代謝の変化は腫瘍の大きさの変化に先行して起こると考えられ,FDG―PETでは治療開始後の早期に効果判定ができる可能性がある。また,乳房専用PETでは高い空間分解能によってさらに正確な評価ができる可能性がある。PETや乳房専用PETを用いた術前化学療法の病理学的完全奏効(pCR)予測と早期効果判定について,現時点のエビデンス,現在進行中の臨床研究の検索を行った。

解 説

FDG-PETでのpCR予測能について検討したWangらのメタアナリシスでは,統合感度84%,特異度66%,陽性適中度50%,陰性適中度91%,および陽性尤度比11.90と報告されている3)。その後に発表されたFDG-PET/CTとMRIでのpCR予測能について検討したメタアナリシスでは,FDG-PET/CTの統合感度86%,特異度72%に対して,MRIは統合感度65%,特異度88%と報告されている4)。FDG-PET/CTではMRIに比べて感度が高いが特異度が低く,微細な病変の残存有無については評価が難しい場合がある。両者を併用することで診断能が向上すると考えられる。

FDG-PETによる化学療法早期の効果判定を行うことも多数試みられている5)。特にトリプルネガティブ乳癌やHER2陽性乳癌などのアグレッシブなサブタイプの病変を対象とし,化学療法2サイクル後の早期にPETを行って判定することによって,① 効果のない治療を無駄に継続せずに済むこと,② 最終的なpCR予測も早期にできること,の2点が期待される。ただし,現時点では効果判定のパラメータ設定や適切なカットオフについては確立されていない。乳房専用PETを使用した20例での早期効果判定の臨床試験の結果も発表されているが,現時点で全身型PETとの有意な違いは示されていない6)。臨床試験においてPETでの効果判定結果に応じて投与する薬剤を変更する臨床試験が開始されている7)が,まだ最終的な結果は出ていない。FDG-PETで最終的な集積の程度と予後との関連も多数示されているが5)8)9),治療を変更することによって予後が改善されるといった報告はいまだない。

このように,FDG-PETを用いたpCR予測と早期効果判定の有用性が多く示されつつある。現時点では検査結果に基づいた治療薬の変更などによって予後の改善を示すエビデンスは示されていないが,今後の臨床研究の結果に期待される。

検索キーワード・参考にした二次資料

PubMedで“Breast Neoplasms”,“Neoadjuvant Therapy”,Drug Therapy”,“Preoperative Period”,“Preoperative Care”,“Positron―Emission Tomography”のキーワードで検索した。医中誌・Cochrane Libraryも同等のキーワードで検索した。検索期間は2016年11月までとし,218件がヒットした。また,ハンドサーチでの検索を追加した。2015年版「画像診断CQ11.術前化学療法の効果判定において画像診断は視触診に比較して有用か」を参考にした。

参考文献

1)Rauch GM, Adrada BE, Kuerer HM, van la Parra RF, Leung JW, Yang WT. Multimodality imaging for evaluating response to neoadjuvant chemotherapy in breast cancer. AJR Am J Roentgenol. 2017;208(2):290―9. [PMID:27809573]

2)Tozaki M, Kobayashi T, Uno S, Aiba K, Takeyama H, Shioya H, et al. Breast―conserving surgery after chemotherapy:value of MDCT for determining tumor distribution and shrinkage pattern. AJR Am J Roentgenol. 2006;186(2):431―9. [PMID:16423949]

3)Wang Y, Zhang C, Liu J, Huang G. Is 18F―FDG PET accurate to predict neoadjuvant therapy response in breast cancer? A meta―analysis. Breast Cancer Res Treat. 2012;131(2):357―69. [PMID:21960111]

4)Liu Q, Wang C, Li P, Liu J, Huang G, Song S. The role of 18F―FDG PET/CT and MRI in assessing pathological complete response to neoadjuvant chemotherapy in patients with breast cancer:a systematic review and meta―analysis. Biomed Res Int. 2016; 2016:3746232. [PMID:26981529]

5)Groheux D, Mankoff D, Espié M, Hindié E. 18F―FDG PET/CT in the early prediction of pathological response in aggressive subtypes of breast cancer:review of the literature and recommendations for use in clinical trials. Eur J Nucl Med Mol Imaging. 2016;43(5):983―93. [PMID:26758726]

6)Noritake M, Narui K, Kaneta T, Sugae S, Sakamaki K, Inoue T, et al. Evaluation of the response to breast cancer neoadjuvant chemotherapy using 18F―FDG positron emission mammography compared with whole―body 18F―FDG PET:a prospective observational study. Clin Nucl Med. 2017;42(3):169―75. [PMID:28072617]

7)Coudert B, Pierga JY, Mouret―Reynier MA, Kerrou K, Ferrero JM, Petit T, et al. Use of 18F―FDG PET to predict response to neoadjuvant trastuzumab and docetaxel in patients with HER2―positive breast cancer, and addition of bevacizumab to neoadjuvant trastuzumab and docetaxel in 18F―FDG PET―predicted non―responders(AVATAXHER):an open―label, randomised phase 2 trial. Lancet Oncol. 2014;15(13):1493―502. [PMID:25456368]

8)Aogi K, Kadoya T, Sugawara Y, Kiyoto S, Shigematsu H, Masumoto N, et al. Utility of 18F FDG―PET/CT for predicting prognosis of luminal―type breast cancer. Breast Cancer Res Treat. 2015;150(1):209―17. [PMID:25697596]

9)Evangelista L, Cervino AR, Ghiotto C, Saibene T, Michieletto S, Fernando B, et al. Could semiquantitative FDG analysis add information to the prognosis in patients with stageⅡ/Ⅲ breast cancer undergoing neoadjuvant treatment? Eur J Nucl Med Mol Imaging. 2015;42(11):1648―55. [PMID:26025244]

乳癌診療ガイドライン

PAGETOP
Copyright © 一般社団法人日本乳癌学会 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.