2021年3月31日更新

BQ3.閉経前ホルモン受容体陽性転移・再発乳癌に対して最も有用な卵巣機能抑制方法は何か?

2.転移・再発乳癌

ステートメント
・卵巣機能抑制方法として,LH―RHアゴニストや両側卵巣摘出術,放射線照射があるが,最も有用な卵巣機能抑制方法は明らかではない。臨床ではLH―RHアゴニストが一般的に用いられているが,合併症や費用,治療期間を考慮して治療選択すべきである。

背 景

閉経前ホルモン受容体陽性の転移・再発乳癌に対する卵巣機能抑制の手段として,両側卵巣摘出術,卵巣への放射線照射,luteinizing hormone-releasing hormone(LH-RH)アゴニスト(ゴセレリン,リュープロレリン)投与の3種類の方法がある。それぞれの利点・欠点を概説する。

解 説

閉経前ホルモン受容体陽性の転移・再発乳癌において,1980年代にLH―RHアゴニストと他の卵巣機能抑制(両側卵巣摘出術,放射線照射)とのランダム化比較試験が2試験行われている1)2)。いずれの試験においても,病勢進行を抑える期間や生存期間においてLH―RHアゴニストと他の卵巣機能抑制との効果は同等であった。また,閉経前ホルモン受容体陽性の転移乳癌に対するタモキシフェンと両側卵巣摘出術,卵巣への放射線照射による卵巣機能抑制を比較した4つのランダム化比較試験をまとめた1997年のメタアナリシスにおいては,病状進行や生存率は同等であった3)上記より,閉経前ホルモン受容体陽性転移・再発乳癌に対する3種類の卵巣機能抑制方法の治療効果は同等と考えられている。

しかし,卵巣への放射線照射(5 Gy 1回 計5 Gy照射~2 Gy 18回 計36 Gy照射)では,閉経にならないことも報告されている4)。さらに,卵巣機能抑制を確実にするために照射量を増やすと消化管の合併症も増えることが考えられるため,卵巣機能抑制を目的とした卵巣照射は,現在ではあまり行われていない。最近では,内視鏡による卵巣摘出術が増えており,合併症が少なく永久閉経となるため費用対効果が良いという報告もある5)6)しかし,実臨床では最も侵襲の少ないLH―RHアゴニストが使用されることが多く,標準的な卵巣機能抑制方法となっている。LH-RHアゴニストと閉経後の内分泌療法薬(アロマターゼ阻害薬,フルベストラント)を併用する場合には,卵巣機能が抑えられているか確認を行うことが大切である。

検索キーワード・参考にした二次資料

PubMedで“Breast Neoplasms”,“Neoplasm Metastasis”,“Neoplasm Recurrence, Local”,“Premenopause”,“Antineoplastic Agents, Hormonal”,“Ovariectomy”,”Leuprolide”,“Goserelin”,“triptorelin”のキーワードと,“LH-RH agonist”,“ovarian ablation”の同義語で検索した。検索期間は2016年11月までとし,68件がヒットした。

参考文献

1)Taylor CW, Green S, Dalton WS, Martino S, Rector D, Ingle JN, et al. Multicenter randomized clinical trial of goserelin versus surgical ovariectomy in premenopausal patients with receptor―positive metastatic breast cancer:an intergroup study. J Clin Oncol. 1998;16(3):994―9. [PMID:9508182]

2)Boccardo F, Rubagotti A, Perrotta A, Amoroso D, Balestrero M, De Matteis A, et al. Ovarian ablation versus goserelin with or without tamoxifen in pre―perimenopausal patients with advanced breast cancer:results of a multicentric Italian study. Ann Oncol. 1994;5(4):337―42. [PMID:8075030]

3)Crump M, Sawka CA, DeBoer G, Buchanan RB, Ingle JN, Forbes J, et al. An individual patient―based meta―analysis of tamoxifen versus ovarian ablation as first line endocrine therapy for premenopausal women with metastatic breast cancer. Breast Cancer Res Treat. 1997;44(3):201―10. [PMID:9266099]

4)Hughes LL, Gray RJ, Solin LJ, Robert NJ, Martino S, Tripathy D, et al;Eastern Cooperative Oncology Group;Southwest Oncology Group;Cancer and Leukemia Group B;North Central Cancer Treatment Group. Efficacy of radiotherapy for ovarian ablation:results of a breast intergroup study. Cancer. 2004;101(5):969―72. [PMID:15329905]

5)Haldar K, Giamougiannis P, Wilson C, Crawford R. Laparoscopic salpingo―oophorectomy for ovarian ablation in women with hormone―sensitive breast cancer. Int J Gynaecol Obstet. 2011;113(3):222―4. [PMID:21457974]

6)Ferrandina G, Amadio G, Marcellusi A, Azzolini E, Puggina A, Pastorino R, et al. Bilateral salpingo―oophorectomy versus GnRH analogue in the adjuvant treatment of premenopausal breast cancer patients:cost―effectiveness evaluation of breast cancer outcome, ovarian cancer prevention and treatment. Clin Drug Investig. 2017;37(11):1093―102. [PMID:28895089]

乳癌診療ガイドライン

PAGETOP
Copyright © 一般社団法人日本乳癌学会 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.