2021年3月31日更新

FQ2.センチネルリンパ節の同定には蛍光法が勧められるか?

2.乳癌初期治療における腋窩手術

ステートメント
・インドシアニングリーン(ICG)を用いた蛍光法によるセンチネルリンパ節の同定が検討されている。

背 景

センチネルリンパ節生検(SNB)は臨床試験によってその安全性と有用性が検証され,現在では広く臨床応用されている。それらの臨床試験ではセンチネルリンパ節同定に用いられるトレーサーは大きく分けて色素とラジオアイソトープ(radioisotope;RI)であったが,その後新しい方法としてインドシアニングリーン(indocyanine green;ICG)を用いる蛍光法が開発されその精度が検討されている。センチネルリンパ節の同定に,蛍光法が勧められるか検討した。

解 説

センチネルリンパ節同定法として,RI法,色素法の他,ICGを用いた蛍光法が報告されている。2005年以降これまでに,ICGを用いた蛍光法に関する報告が多くなされている1)~4)。これらのシステマティック・レビューによると,ICG蛍光法を用いたSNBは1,362例の乳癌患者に対して実施され,SLN同定個数は1.5~5.4個,同定率は93.1~100%であった5)。後ろ向き検討のメタアナリシスでは同定率96%,感度87%,特異度100%と報告されている6)

前向き試験では,色素法,RI法,蛍光法の3併用法とRI法単独の手技の安全性を比較した第二相試験で摘出個数が併用法で有意に多かった(3.4±1.37 vs 2.3±1.04,p<0.001)が,摘出時間,有害事象に差はなかった7)。イタリアで行われた前向き検討(n=301)で,RI法(76.7%)よりも蛍光法で高い同定率(99%)が報告されている8)。日本でも蛍光法とRI法を比較検討する多施設前向き試験が行われ,同定率はRI法単独と同等であった(同定率:蛍光法97.2% vs RI法97% vs併用法99.8%)9)

これらの結果から,リンパ流を可視化できる蛍光法のセンチネルリンパ節の同定率は十分であり,今後長期の予後と安全性のデータが揃えば,専門の設備が必要で放射線被爆のあるRI法に代わるセンチネルリンパ節同定法となり得ると考えられ,さらなる研究の蓄積が期待される。

検索キーワード・参考にした二次資料

「乳癌診療ガイドライン①治療編2015年版」の同クエスチョンの参考文献に加え,PubMedで“Breast Neoplasms”,“Sentinel Lymph Node Biopsy”,“Biopsy”,“Lymphatic Metastasis”,“Lymph Node Excision”,“Fluorescence”,“Coloring Agents”のキーワードで検索した。検索期間は2014年1月から2016年11月までとし,80件がヒットした。この中から主要な論文を選択した。

参考文献

1)Lyman GH, Giuliano AE, Somerfield MR, Benson AB 3rd, Bodurka DC, Burstein HJ, et al;American Society of Clinical Oncology. American Society of Clinical Oncology guideline recommendations for sentinel lymph node biopsy in early―stage breast cancer. J Clin Oncol. 2005;23(30):7703―20. [PMID:16157938]

2)Kitai T, Inomoto T, Miwa M, Shikayama T. Fluorescence navigation with indocyanine green for detecting sentinel lymph nodes in breast cancer. Breast Cancer. 2005;12(3):211―5. [PMID:16110291]

3)Tagaya N, Yamazaki R, Nakagawa A, Abe A, Hamada K, Kubota K, et al. Intraoperative identification of sentinel lymph nodes by near―infrared fluorescence imaging in patients with breast cancer. Am J Surg. 2008;195(6):850―3. [PMID:18353274]

4)Sugie T, Kassim KA, Takeuchi M, Hashimoto T, Yamagami K, Masai Y, et al. A novel method for sentinel lymph node biopsy by indocyanine green fluorescence technique in breast cancer. Cancers(Basel). 2010;2(2):713―20. [PMID:24281090]

5)Ahmed M, Purushotham AD, Douek M. Novel techniques for sentinel lymph node biopsy in breast cancer:a systematic review. Lancet Oncol. 2014;15(8):e351―62. [PMID:24988938]

6)Xiong L, Gazyakan E, Yang W, Engel H, Hunerbein M, Kneser U, et al. Indocyanine green fluorescence―guided sentinel node biopsy:a meta―analysis on detection rate and diagnostic performance. Eur J Surg Oncol. 2014;40(7):843―9. [PMID:24613744]

7)Jung SY, Kim SK, Kim SW, Kwon Y, Lee ES, Kang HS, et al. Comparison of sentinel lymph node biopsy guided by the multimodal method of indocyanine green fluorescence, radioisotope, and blue dye versus the radioisotope method in breast cancer:a randomized controlled trial. Ann Surg Oncol. 2014;21(4):1254―9. [PMID:24356798]

8)Samorani D, Fogacci T, Panzini I, Frisoni G, Accardi FG, Ricci M, et al. The use of indocyanine green to detect sentinel nodes in breast cancer:a prospective study. Eur J Surg Oncol. 2015;41(1):64―70. [PMID:25468752]

9)Sugie T, Kinoshita T, Masuda N, Sawada T, Yamauchi A, Kuroi K, et al. Evaluation of the clinical utility of the ICG fluorescence method compared with the radioisotope method for sentinel lymph node biopsy in breast cancer. Ann Surg Oncol. 2016;23(1):44―50. [PMID:26275781]

乳癌診療ガイドライン

PAGETOP
Copyright © 一般社団法人日本乳癌学会 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.