2021年3月31日更新

FQ1.日本人の乳がんマンモグラフィ検診の至適上限年齢は何歳か?

1.乳がん検診

ステートメント
・上限年齢は,75歳以上では死亡率低減のエビデンスがないことや,人口動態統計に基づく10年後死亡リスクを勘案して75歳程度とすることが妥当と考える。

背 景

わが国での対策型検診に於いては,40歳以上の女性に対して2年に1度のマンモグラフィによる検診が推奨されている一方で,年齢の上限は規定されていない。年齢による検診対象選別の合理性を,マンモグラフィ検診のエビデンスや社会的背景から考察した。

解 説

マンモグラフィ検診の死亡率低減効果は欧米で行われたランダム化比較試験によって証明されており,特に視触診併用の50~64歳,マンモグラフィ単独の50~74歳に関してはいずれも有意な死亡率低減効果が証明されている1)~7)。40歳代の検診は,視触診併用検診3研究,マンモグラフィ単独検診5研究の報告がある。個々の報告では40歳代の死亡率低減効果は統計学的有意差を示すに至らなかったが,マンモグラフィ単独検診5件のメタアナリシスでは19%の死亡率低減効果を認めている〔RR 0.81(95%CI 0.68―0.96)〕。近年米国において40歳代のマンモグラフィ検診は50歳以降の年代と比較して死亡率低減効果が小さい一方で,検診による不利益が大きいことを根拠として40歳代検診の推奨グレードが下方修正される傾向がある8)。しかしながら乳癌の好発年齢が40~50歳で,欧米での分布と大きく異なるわが国においては,むしろ40歳代の検診の精度を向上させることが重要であり,40歳代のマンモグラフィ検診は推奨される(図1)9)~11)

さらに若年の39歳以下の検診に関しては,死亡率低減効果を検証した報告は存在せず,ランダム化比較試験で一部に30歳代を含んだ4件の報告でも,30歳代に関するサブ解析は行われていないため,この年代におけるマンモグラフィ検診の死亡率低減効果は不明である。わが国の乳癌罹患率は45~49歳で最も高く,これと比較すると30~34歳,35~39歳の罹患率はそれぞれおよそ10分の1,4分の1と低く,この観点からもマンモグラフィ検診を30歳代に推奨する根拠は見出せない。

マンモグラフィ検診の上限の年齢設定に関しては,国際的にはInternational Cancer Screening Networkに参加している26カ国の検診状況において,上限59歳が1カ国,64歳が2カ国,69歳が15カ国,74歳が4カ国,75歳以上が4カ国(オーストラリア,日本,韓国,米国)と報告されており,69歳ないし74歳程度を上限とするのが一般的である12)。エビデンスの観点からは74歳までを対象としたランダム化比較試験が2件,69歳までを対象とした試験が1件,64歳までを対象とした試験が3件,59歳までを対象とした試験が2件報告されており,メタアナリシスによってこの年代までの死亡率低減効果が証明されている。しかしながら75歳以上を対象としたランダム化比較試験は存在せず,この年齢(75歳)以上では死亡率低減効果は不明である。

全年代を通したマンモグラフィ検診における10年生存率は,検診発見癌86~90%,検診外発見癌73~79%との報告がみられる13)~15)。一方,わが国においては,簡易生命表から算出される年齢ごとの10年後の生存率は,60歳で95.6%,65歳で93.2%,70歳で88.5%,75歳で78.8%,80歳で61.4%であり16)75歳を超える年代では,検診外発見乳癌での生存率を年齢の因子だけで下回る可能性が高い。10年後の死亡率減少を検診の目標と設定した場合には,加齢に伴う死亡リスクが,検診を受けないで発見される乳癌の死亡リスクを上回る年代が一つの分岐点として設定できるのではないだろうか。

以上の考察から,日本における乳がんマンモグラフィ検診の至適年齢は40~75歳と考えられる。

検索キーワード・参考にした二次資料

「有効性評価に基づく乳がん検診ガイドライン2013年度版」を参考にし文献検索を行った。

PubMedで“breast cancer”,“screening”,“mammography”,“mortality”,“RCT”をキーワードとして検索を行った。また,日本,米国,英国の公的機関のホームページ上に公開されている情報を収集し引用した。

参考文献

1)独立行政法人国立がん研究センターがん予防・検診研究センター.有効性評価に基づく乳がん検診ガイドライン2013年度版.2014.http://canscreen.ncc.go.jp/guideline/pdf/nyugan_kenshin_guidelinebook_20140430.pdf

2)Habbema JD, van Oortmarssen GJ, van Putten DJ, Lubbe JT, van der Maas PJ. Age―specific reduction in breast cancer mortality by screening:an analysis of the results of the Health Insurance Plan of Greater New York study. J Natl Cancer Inst. 1986;77(2):317―20. [PMID:3461193]

3)Miller AB, To T, Baines CJ, Wall C. The Canadian National Breast Screening Study―1:breast cancer mortality after 11 to 16 years of follow―up. A randomized screening trial of mammography in women age 40 to 49 years. Ann Intern Med. 2002;137(5 Part 1):305―12. [PMID:12204013]

4)Nyström L, Andersson I, Bjurstam N, Frisell J, Nordenskjöld B, Rutqvist LE. Long―term effects of mammography screening:updated overview of the Swedish randomised trials. Lancet. 2002;359(9310):909―19. [PMID:11918907]

5)Bjurstam N, Björneld L, Warwick J, Sala E, Duffy SW, Nyström L, et al. The Gothenburg Breast Screening Trial. Cancer. 2003;97(10):2387―96. [PMID:12733136]

6)Moss SM, Cuckle H, Evans A, Johns L, Waller M, Bobrow L;Trial Management Group. Effect of mammographic screening from age 40 years on breast cancer mortality at 10 years’follow―up:a randomised controlled trial. Lancet. 2006;368(9552):2053―60. [PMID:17161727]

7)Gøtzsche PC, Nielsen M. Screening for breast cancer with mammography. Cochrane Database Syst Rev. 2011;(1):CD001877. [PMID:21249649]

8)Nelson HD, Tyne K, Naik A, Bougatsos C, Chan BK, Humphrey L; U.S. Preventive Services Task Force. Screening for breast cancer:an update for the U.S. Preventive Services Task Force. Ann Intern Med 2009;151(10):727―37. [PMID: 19920273]

9)国立がん研究センターがん情報サービス.がん登録・統計.2017.https://ganjoho.jp/reg_stat/statistics/dl/index.html

10)National Cancer Institute. SEER Cancer Statistics Review 1975―2012. https://seer.cancer.gov/archive/csr/1975_2012/results_merged/sect_04_breast.pdf

11)Cancer Research UK. Breast cancer incidence(invasive)statistics. http://www.cancerresearchuk.org/health-professional/cancer-statistics/statistics-by-cancer-type/breast-cancer/incidence-invasive

12)International Cancer Screening Network;National Cancer Intitute. Breast Cancer Screening Programs in 26 ICSN Countries, 2012:Organization, Policies, and Program Reach. https://healthcaredelivery.cancer.gov/icsn/breast/screening.html

13)Anttinen J, Kautiainen H, Kuopio T. Role of mammography screening as a predictor of survival in postmenopausal breast cancer patients. Br J Cancer. 2006;94(1):147―51. [PMID:16333306]

14)Paajanen H, Kyhälä L, Varjo R, Rantala S. Effect of screening mammography on the surgery of breast cancer in Finland:a population―based analysis during the years 1985―2004. Am Surg. 2006;72(2):167―71. [PMID:16536250]

15)Mook S, Van’t Veer LJ, Rutgers EJ, Ravdin PM, van de Velde AO, van Leeuwen FE, et al. Independent prognostic value of screen detection in invasive breast cancer. J Natl Cancer Inst. 2011;103(7):585―97. [PMID:21350218]

16)厚生労働省.平成28年簡易生命表(女).簡易生命表の概況.2016.https://www.mhlw.go.jp/toukei/saikin/hw/life/life16/dl/life16-07.pdf

乳癌診療ガイドライン

PAGETOP
Copyright © 一般社団法人日本乳癌学会 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.