2021年3月31日更新

BQ5.腋窩リンパ節転移4個以上の乳房全切除術後患者では,術後放射線療法(PMRT)を行うべきか?

1.乳房手術後放射線療法

ステートメント
・乳房全切除術後放射線療法(PMRT)を行うことが標準治療である。

背 景

1990年代後半に報告された高リスク患者(腋窩リンパ節転移陽性や原発巣の最大径が5 cm以上など)を対象とした3つのランダム化比較試験において,全身療法を併用した乳房全切除術後放射線療法(PMRT)が局所・領域リンパ節再発を1/3~1/4に減少させるのみならず生存率を向上させることが示された1)~4)。腋窩リンパ節転移4個以上の場合について,PMRTを行うことが標準治療であることについて概説する。

解 説

閉経前乳癌を対象としたDBCG(Danish Breast Cancer Cooperative Group)82b試験は,pStageⅡ,Ⅲの1,708例が,CMFによる化学療法にPMRTを加えるかどうかでランダム化された試験である1)。閉経後乳癌を対象としたDBCG 82c試験は,pStageⅡ,Ⅲの1,480例を,タモキシフェンによる内分泌療法にPMRTを加えるかどうかでランダム化された試験である2)。いずれにおいてもPMRTの有効性が示されたが,さらにこの2つの試験を統合解析した結果,腋窩リンパ節転移4個以上陽性の患者では術後照射により生存率が改善することが示された〔15年全生存率21% vs 12%,p=0.03,リスク比(RR)0.49,95%CI 0.31-0.76〕5)。さらに,EBCTCGのメタアナリシスでも,1,772例の腋窩リンパ節転移4個以上患者において,10年局所・領域リンパ節再発率が32.1%から13.0%に減少し(2p<0.00001),20年乳癌死も減少することが示された(20年乳癌生存率80.0 vs 70.7%,2p=0.04,RR 0.87,95%CI 0.77-0.99)6)腋窩リンパ節転移4個以上陽性の患者に対するPMRTの必要性は2001年に発行されたASCOのガイドライン7)以降,他のガイドラインでも一貫して勧められておりコンセンサスは得られている。したがって,行うことが標準治療である。有害事象については放射線療法CQ5を参照されたい。

検索キーワード・参考にした二次資料

PubMedで,“Breast Neoplasms”,“Radiotherapy”,“Mastectomy”,“Lymphatic Metastasis”,“Axilla”のキーワードと,nodeの同義語で検索した。検索期間は2016年11月までとし,615件がヒットした。また,ハンドサーチにより,二次資料などから重要と思われる文献を採用した。

参考文献

1)Overgaard M, Hansen PS, Overgaard J, Rose C, Andersson M, Bach F, et al. Postoperative radiotherapy in high―risk premenopausal women with breast cancer who receive adjuvant chemotherapy. Danish Breast Cancer Cooperative Group 82b Trial. N Engl J Med. 1997;337(14):949―55. [PMID:9395428]

2)Overgaard M, Jensen MB, Overgaard J, Hansen PS, Rose C, Andersson M, et al. Postoperative radiotherapy in high―risk postmenopausal breast―cancer patients given adjuvant tamoxifen:Danish Breast Cancer Cooperative Group DBCG 82c randomised trial. Lancet. 1999;353(9165):1641―8. [PMID:10335782]

3)Ragaz J, Jackson SM, Le N, Plenderleith IH, Spinelli JJ, Basco VE, et al. Adjuvant radiotherapy and chemotherapy in node―positive premenopausal women with breast cancer. N Engl J Med. 1997;337(14):956―62. [PMID:9309100]

4)Ragaz J, Olivotto IA, Spinelli JJ, Phillips N, Jackson SM, Wilson KS, et al. Locoregional radiation therapy in patients with high―risk breast cancer receiving adjuvant chemotherapy:20―year results of the British Columbia randomized trial. J Natl Cancer Inst. 2005;97(2):116―26. [PMID:15657341]

5)Overgaard M, Nielsen HM, Overgaard J. Is the benefit of postmastectomy irradiation limited to patients with four or more positive nodes, as recommended in international consensus reports? A subgroup analysis of the DBCG 82 b & c randomized trials. Radiother Oncol. 2007;82(3):247―53. [PMID:17306393]

6)EBCTCG(Early Breast Cancer Trialists’ Collaborative Group), McGale P, Taylor C, Correa C, Cutter D, Duane F, et al. Effect of radiotherapy after mastectomy and axillary surgery on 10―year recurrence and 20―year breast cancer mortality:meta―analysis of individual patient data for 8135 women in 22 randomised trials. Lancet. 2014;383(9935):2127―35. [PMID:24656685]

7)Recht A, Edge SB, Solin LJ, Robinson DS, Estabrook A, Fine RE, et al;American Society of Clinical Oncology. Postmastectomy radiotherapy:clinical practice guidelines of the American Society of Clinical Oncology. J Clin Oncol. 2001;19(5):1539―69. [PMID:11230499]

乳癌診療ガイドライン

PAGETOP
Copyright © 一般社団法人日本乳癌学会 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.