2021年3月31日更新

CQ10.アルコールの摂取は乳癌患者の予後と関連するか?

7.乳癌患者の生活習慣・環境因子と予後の関連

ステートメント
・診断前後にかかわらず,アルコール飲料の摂取により乳癌患者の再発リスク,乳癌死亡リスクが増加する可能性は低い。
〔エビデンスグレード:Substantial effect on risk unlikely(大きな関連なし)〕

背景・目的

アルコール摂取は,国際的な評価により乳癌の確実なリスク要因の一つとされている。しかし,アルコール摂取が乳癌発症リスクを高めることと乳癌患者の予後については必ずしも相関しない。

乳癌患者においても,日常生活の中でアルコール飲料を嗜好としている場合や社交の場での飲酒の機会は少なくない。個人の努力によってリスクを変えられる要因であり,できるだけ正しい情報の中でアルコール摂取に関して対応することが必要である。そこで,これまでの研究報告された乳癌患者とアルコール摂取に関して,予後の評価として乳癌再発,乳癌死亡のみならず,全死亡や循環器疾患低減を採用した。また,評価時期を,臨床における有益性の観点から「診断前」,「診断後」に区別して解説する。

解 説

本項では,害のアウトカムとして乳癌再発リスク(重要度9点),乳癌死亡リスク(重要度8点),全死亡リスク(重要度7点),益のアウトカムとして循環器疾患リスク低減効果(重要度4点)を設定した。

乳癌再発をアウトカムとした研究は診断前6件,診断後3件であった。診断前で2件1)6),診断後でかつ閉経後に限定した場合に1件再発リスクが増加したが8),それ以外の研究では有意なリスクとならなかった。これらの研究のメタアナリシスの結果,診断前の6件の研究のハザード比は1.16(95%CI 0.97-1.40,p=0.11),診断後の3件の研究のハザード比は0.93(95%CI 0.75-1.15,p=0.57)と有意なリスクの増減は認めなかった図1a,b)。

乳癌死亡をアウトカムとした研究は診断前14件,診断後8件であった。診断前2件19)20),診断後は1件22),診断後かつ閉経後に限定した場合1件8)にリスク増加を認めた。最大摂取群を6 g/日や1杯/日にカットオフを設けている研究も多いが,診断後の1件の研究では最大摂取群が1日量30 g以上と他の研究と比べ,明らかに大きく正確なカットオフ値を設定していることがリスクに強く影響していることも考えられた。また,この研究で15~29.9 g/日の群では非摂取群と比べハザード比は1.37(95%CI 0.96-1.96)と有意差を認めていない。これらの研究のメタアナリシスの結果,診断前の14件の研究のハザード比は1.03(95%CI 0.95-1.13,p=0.45),診断後の8件の研究のハザード比は0.99(95%CI 0.84-1.15,p=0.85)と有意なリスクの増減は認めなかった(図2a,b)。また,乳癌死亡に関してER発現別に検討した研究が2件あったが10)15),ERの発現にかかわらず有意なリスクは認めなかった(図2c,d)

全死亡をアウトカムとした研究は診断前14件,診断後8件であった。診断前1件でリスク増加を認めたが1),リスク低減を認めた研究が3件存在した7)15)26)。診断後ではリスク増加した研究は1件で22)リスク低減を認めた研究が4件存在した8)10)12)15)

これらの研究のメタアナリシスの結果,診断前14件の研究のハザード比は0.93(95%CI 0.87-0.99,p=0.02),診断後3件の研究のハザード比は0.80(95%CI 0.65-0.99,p=0.04)と効果に異質性は認められず有意なリスク低減効果を認めた(図3a,b)

また,ERの発現別に検討した研究が2件あり,1件はSEARCH,EPIC,BCACの3つのコホート研究のプール解析であり15),4つの研究が存在するが,ER陽性群で1件,ER陰性で2件リスク低減効果を認めた。これらの研究のメタアナリシスではER陽性でハザード比0.80(95%CI 0.68-0.93,p=0.005),ER陰性でハザード比0.74(95%CI 0.56-0.98,p=0.04)と異質性はいずれも認められず有意なリスク低減効果を認めた(図3c,d)

循環器疾患の低減効果をアウトカムとした研究は,診断前2件,診断後3件であった。診断前1件でリスク低減を認め22),診断後では1件にリスク低減を認めた12)。最大摂取群との比較でリスク低減がみられなかった研究でも低用量であればリスク低減効果が得られた研究が2件存在した12)22)

これらの研究のメタアナリシスの結果,診断前2件の研究のハザード比は0.87(95%CI 0.72-1.06,p=0.17),診断後3件の研究は0.64(95%CI 0.47-0.86,p=0.003)と効果に異質性は認められず有意なリスク低減効果を認めた(図4a,b)

以上を総括すると診断前後にかかわらず,アルコール飲料の摂取により乳癌患者の再発リスク,乳癌死亡リスクが増加する可能性は低いが,全死亡リスク,循環器疾患が低減する可能性がある。ただし,1日30 g以上のアルコール摂取は勧められていないことや,アルコール不耐症,妊娠中,運転前など体調や状況を考え,良識的に判断することが必要である。

検索キーワード

PubMedで“Alcohol Drinking”,“Alcoholic Beverages”,“Prognosis”,“Neoplasm Recurrence,Local”,“Mortality”,“Survival”,“Survival Analysis”のキーワードと同義語で検索した。医中誌も同等のキーワードで検索した。検索期間は2016年11月までとした。その結果,PubMed 262編,医中誌 216編が抽出され,それ以外に6編の論文が追加された。一次スクリーニングで32編の論文が抽出され,二次スクリーニングにて内容が適切でないと判断した論文を除外し,最終的に27編の論文を対象に定性的および定量的システマティック・レビューを実施した。このうち乳癌再発をアウトカムとした研究が診断前6件1~6),診断後3件7)~9),乳癌死亡は診断前13件5)6)10)~20),診断後8件8)10)12)15)21)~24),全死亡は診断前13件1)2)5)7)10)~12)15)~17)25)~27),診断後8件8)~10)12)14)15)21)22),循環器疾患低減は診断前2件12)25),診断後3件8)12)22)の研究をアウトカムとして評価した。

参考文献

1)Hebert JR, Hurley TG, Ma Y. The effect of dietary exposures on recurrence and mortality in early stage breast cancer. Breast Cancer Res Treat. 1998;51(1):17―28. [PMID:9877026]

2)Saxe GA, Rock CL, Wicha MS, Schottenfeld D. Diet and risk for breast cancer recurrence and survival. Breast Cancer Res Treat. 1999;53(3):241―53. [PMID:10369070]

3)Muscat JE, Britton JA, Djordjevic MV, Citron ML, Kemeny M, Busch―Devereaux E, et al. Adipose concentrations of organochlorine compounds and breast cancer recurrence in Long Island, New York. Cancer Epidemiol Biomarkers Prev. 2003;12(12):1474―8. [PMID:14693740]

4)Brewster AM, Do KA, Thompson PA, Hahn KM, Sahin AA, Cao Y, et al. Relationship between epidemiologic risk factors and breast cancer recurrence. J Clin Oncol. 2007;25(28):4438―44. [PMID:17785707]

5)Vrieling A, Buck K, Heinz J, Obi N, Benner A, Flesch―Janys D, et al. Pre―diagnostic alcohol consumption and postmenopausal breast cancer survival:a prospective patient cohort study. Breast Cancer Res Treat. 2012;136(1):195―207. [PMID:22961011]

6)Holm M, Olsen A, Christensen J, Kroman NT, Bidstrup PE, Johansen C, et al. Pre―diagnostic alcohol consumption and breast cancer recurrence and mortality:results from a prospective cohort with a wide range of variation in alcohol intake. Int J Cancer. 2013;132(3):686―94. [PMID:22623182]

7)Flatt SW, Thomson CA, Gold EB, Natarajan L, Rock CL, Al―Delaimy WK, et al. Low to moderate alcohol intake is not associated with increased mortality after breast cancer. Cancer Epidemiol Biomarkers Prev. 2010;19(3):681―8. [PMID:20160253]

8)Kwan ML, Chen WY, Flatt SW, Weltzien EK, Nechuta SJ, Poole EM, et al. Postdiagnosis alcohol consumption and breast cancer prognosis in the after breast cancer pooling project. Cancer Epidemiol Biomarkers Prev. 2013;22(1):32―41. [PMID:23150063]

9)Nechuta S, Chen WY, Cai H, Poole EM, Kwan ML, Flatt SW, et al. A pooled analysis of post―diagnosis lifestyle factors in association with late estrogen―receptor―positive breast cancer prognosis. Int J Cancer. 2016;138(9):2088―97. [PMID:26606746]

10)Lowry SJ, Kapphahn K, Chlebowski R, Li CI. Alcohol use and breast cancer survival among participants in the Women’s Health Initiative. Cancer Epidemiol Biomarkers Prev. 2016;25(8):1268―73. [PMID:27197280]

11)Hellmann SS, Thygesen LC, Tolstrup JS, Gronbaek M. Modifiable risk factors and survival in women diagnosed with primary breast cancer:results from a prospective cohort study. Eur J Cancer Prev. 2010;19(5):366―73. [PMID:20502344]

12)Newcomb PA, Kampman E, Trentham―Dietz A, Egan KM, Titus LJ, Baron JA, et al. Alcohol consumption before and after breast cancer diagnosis:associations with survival from breast cancer, cardiovascular disease, and other causes. J Clin Oncol. 2013;31(16):1939―46. [PMID:23569314]

13)Din N, Allen IE, Satariano WA, Demb J, Braithwaite D. Alcohol consumption and mortality after breast cancer diagnosis:The health and functioning in women study. Breast Dis. 2016;36(2―3):77―89. [PMID:27662274]

14)Weaver AM, McCann SE, Nie J, Edge SB, Nochajski TH, Russell M, et al. Alcohol intake over the life course and breast cancer survival in Western New York exposures and breast cancer(WEB)study:quantity and intensity of intake. Breast Cancer Res Treat. 2013;139(1):245―53. [PMID:23605086]

15)Ali AM, Schmidt MK, Bolla MK, Wang Q, Gago―Dominguez M, Castelao JE, et al. Alcohol consumption and survival after a breast cancer diagnosis:a literature―based meta―analysis and collaborative analysis of data for 29,239 cases. Cancer Epidemiol Biomarkers Prev. 2014;23(6):934―45. [PMID:24636975]

16)Harris HR, Bergkvist L, Wolk A. Alcohol intake and mortality among women with invasive breast cancer. Br J Cancer. 2012;106(3):592―5. [PMID:22215064]

17)Dal Maso L, Zucchetto A, Talamini R, Serraino D, Stocco CF, Vercelli M, et al;Prospective Analysis of Case―control studies on Environmental factors and health(PACE)study group. Effect of obesity and other lifestyle factors on mortality in women with breast cancer. Int J Cancer. 2008;123(9):2188―94. [PMID:18711698]

18)Borugian MJ, Sheps SB, Kim―Sing C, Van Patten C, Potter JD, Dunn B, et al. Insulin, macronutrient intake, and physical activity:are potential indicators of insulin resistance associated with mortality from breast cancer? Cancer Epidemiol Biomarkers Prev. 2004;13(7):1163―72. [PMID:15247127]

19)Allemani C, Berrino F, Krogh V, Sieri S, Pupa SM, Tagliabue E, et al. Do pre―diagnostic drinking habits influence breast cancer survival? Tumori. 2011;97(2):142―8. [PMID:21617706]

20)Jain MG, Ferrenc RG, Rehm JT, Bondy SJ, Rohan TE, Ashley MJ, et al. Alcohol and breast cancer mortality in a cohort study. Breast Cancer Res Treat. 2000;64(2):201―9. [PMID:11194456]

21)Beasley JM, Newcomb PA, Trentham―Dietz A, Hampton JM, Bersch AJ, Passarelli MN, et al. Post―diagnosis dietary factors and survival after invasive breast cancer. Breast Cancer Res Treat. 2011;128(1):229―36. [PMID:21197569]

22)Fuchs CS, Stampfer MJ, Colditz GA, Giovannucci EL, Manson JE, Kawachi I, et al. Alcohol consumption and mortality among women. N Engl J Med. 1995;332(19):1245―50. [PMID:7708067]

23)Breslow RA, Chen CM, Graubard BI, Mukamal KJ. Prospective study of alcohol consumption quantity and frequency and cancer―specific mortality in the US population. Am J Epidemiol. 2011;174(9):1044―53. [PMID:21965184]

24)Rohan TE, Hiller JE, McMichael AJ. Dietary factors and survival from breast cancer. Nutr Cancer. 1993;20(2):167―77. [PMID:8233982]

25)Thun MJ, Peto R, Lopez AD, Monaco JH, Henley SJ, Heath CW Jr, et al. Alcohol consumption and mortality among middle―aged and elderly U. S. adults. N Engl J Med. 1997;337(24):1705―14. [PMID:9392695]

26)Reding KW, Daling JR, Doody DR, O’Brien CA, Porter PL, Malone KE. Effect of prediagnostic alcohol consumption on survival after breast cancer in young women. Cancer Epidemiol Biomarkers Prev. 2008;17(8):1988―96. [PMID:18664549]

27)Zhang S, Folsom AR, Sellers TA, Kushi LH, Potter JD. Better breast cancer survival for postmenopausal women who are less overweight and eat less fat. The Iowa Women’s Health Study. Cancer. 1995;76(2):275―83. [PMID:8625103]

乳癌診療ガイドライン

PAGETOP
Copyright © 一般社団法人日本乳癌学会 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.