2021年3月31日更新

FQ6.原発乳癌の術前腋窩リンパ節転移の評価に画像診断は勧められるか?

2.乳癌の精密検査(治療前)

ステートメント
・術前腋窩リンパ節転移の画像診断として超音波検査とMRIの有用性が示唆されている。

背 景

腋窩リンパ節転移の診断は,触診と画像診断で行うことが一般的である。近年では,触診および画像診断でリンパ節転移が指摘できないN0乳癌に対してセンチネルリンパ節生検(sentinel lymph node biopsy;SNB)を施行し,腋窩リンパ節郭清を省略する手法が乳癌の標準治療になりつつある。病期診断およびSNBの適応決定において精度の高い腋窩リンパ節評価が必要とされている。

解 説

腋窩リンパ節評価を行う画像検査としては超音波,MRI,CT,FDG-PET/CTが挙げられる。超音波検査は大きさや皮質の肥厚,リンパ門の消失,リンパ門以外の部位の異常血流の存在などの所見をもとにすると感度が49~87%,特異度が56~97%である1)~5)。ばらつきはあるものの比較的近年の論文では皮質の厚みやリンパ門の脂肪織の消失をもとにすると感度94%,特異度72%との報告がある5)。また,超音波検査は主病変である乳癌の術前評価において一般化されており,腋窩リンパ節の評価も同時に行うことができるためその利便性も踏まえて有用と考えられる。さらに超音波ガイド下の腋窩リンパ節生検の有用性も報告されている6)。以上より,超音波検査は乳癌術前の腋窩リンパ節評価に対して有用と考えられる。

MRIに関しては,近年のメタアナリシスでは,感度が40~100%(統合感度82%),特異度が44~100%(統合特異度93%)であった7)。また,MRIによる診断オッズ比は51.28とFDG-PET/CTの診断オッズ比18.84に比べて高く7),MRIは腋窩リンパ節転移の診断に有用と報告している。このため,MRIも乳癌術前評価において腋窩を含めて撮像された場合は同時に腋窩リンパ節の評価を行うことは勧められる。しかしながら利便性において超音波検査に劣ると考えられる。一方,同じ論文のFDG-PET/CTに関するメタアナリシスでは感度が20~89%(統合感度64%),特異度が77~100%(統合特異度93%)であった7)。MRIに比べて感度がやや低く,また,高価であり,被曝もあるため腋窩リンパ節評価の目的のみでFDG-PET/CTを行うことは推奨できない。

CTにおける腋窩リンパ節転移の診断能は,感度60~78%,特異度76~97%である8)~10)。しかしながらStageⅠ・Ⅱ乳癌の術前にCTを行うことは推奨しておらず,被曝もするため腋窩リンパ節の評価目的のみのためにCTを行うことは推奨されない。進行乳癌に対しては他臓器への転移の検索と同時に腋窩リンパ節の評価を行うことは考慮してもよい。

検索キーワード・参考にした二次資料

PubMedで“Breast Neoplasms”,“Axilla”,“Lymph Nodes”,“Lymphatic Metastasis”,“Sentinel Lymph Node Biopsy”,“Diagnostic Imaging”,“Mammography”,“Ultrasonography”,“Magnetic Resonance Imaging”,“Tomography,X―Ray Computed”,“Positron―Emission Tomography”のキーワードで検索した。検索期間は2014年1月から2016年11月までとし,321件がヒットした。また,ハンドサーチでも“Axilla”,“Lymph nodes”,“Ultrasound”,“Magnetic resonance imaging”,“PET”,“Computed tomography”をキーワードにPubMedで検索を行った。スクリーニングで10編の論文が抽出され検討を行った。

参考文献

1)Ecanow JS, Abe H, Newstead GM, Ecanow DB, Jeske JM. Axillary staging of breast cancer:what the radiologist should know. Radiographics. 2013;33(6):1589―612. [PMID:24108553]

2)Podkrajsek M, Music MM, Kadivec M, Zgajnar J, Besic N, Pogacnik A, et al. Role of ultrasound in the preoperative staging of patients with breast cancer. Eur Radiol. 2005;15(5):1044―50. [PMID:15856254]

3)Alvarez S, Anorbe E, Alcorta P, Lopez F, Alonso I, Cortes J. Role of sonography in the diagnosis of axillary lymph node metastases in breast cancer:a systematic review. AJR Am J Roentgenol. 2006;186(5):1342―8. [PMID:16632729]

4)Abe H, Schmidt RA, Kulkarni K, Sennett CA, Mueller JS, Newstead GM. Axillary lymph nodes suspicious for breast cancer metastasis:sampling with US―guided 14―gauge core―needle biopsy――clinical experience in 100 patients. Radiology. 2009;250(1):41―9. [PMID:18955508]

5)Mainiero MB, Cinelli CM, Koelliker SL, Graves TA, Chung MA. Axillary ultrasound and fine―needle aspiration in the preoperative evaluation of the breast cancer patient:an algorithm based on tumor size and lymph node appearance. AJR Am J Roentgenol. 2010;195(5):1261―7. [PMID:20966338]

6)Houssami N, Ciatto S, Turner RM, Cody HS 3rd, Macaskill P. Preoperative ultrasound―guided needle biopsy of axillary nodes in invasive breast cancer:meta―analysis of its accuracy and utility in staging the axilla. Ann Surg. 2011;254(2):243―51. [PMID:21597359]

7)Liang X, Yu J, Wen B, Xie J, Cai Q, Yang Q. MRI and FDG―PET/CT based assessment of axillary lymph node metastasis in early breast cancer:a meta―analysis. Clin Radiol. 2017;72(4):295―301. [PMID:28139203]

8)Uematsu T, Sano M, Homma K. In vitro high―resolution helical CT of small axillary lymph nodes in patients with breast cancer:correlation of CT and histology. AJR Am J Roentgenol. 2001;176(4):1069―74. [PMID:11264113]

9)Shien T, Akashi―Tanaka S, Yoshida M, Hojo T, Iwamoto E, Miyakawa K, et al. Evaluation of axillary status in patients with breast cancer using thin―section CT. Int J Clin Oncol. 2008;13(4):314―9. [PMID:18704631]

10)Ogasawara Y, Doihara H, Shiraiwa M, Ishihara S. Multidetector―row computed tomography for the preoperative evaluation of axillary nodal status in patients with breast cancer. Surg Today. 2008;38(2):104―8. [PMID:18239865]

 

乳癌診療ガイドライン

PAGETOP
Copyright © 一般社団法人日本乳癌学会 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.