2021年3月31日更新

2018年版2021年3月改訂版一覧

  • HOME »
  • 2018年版2021年3月改訂版一覧

乳癌診療ガイドライン2018年版 2021年3月 改訂版目次

薬物 CQ 24 トラスツズマブ デルクステカン(T-DXd)の追加
CQ 30 アテゾリズマブの併用薬がnab PTX毎週投与であることを明記。情報の更新と記載整備。
付記3 新規薬剤の追加
付記2 レジメの記載内容の整備

  1. 初期治療・転移再発治療  HER2陽性・陰性に分けて再構成しました。
  2. 新規レジメンとて、アテゾリズマブ+ナブパクリタキセルとトラスツズマブ デルクステカンを追加しました。
  3. 制吐薬について AC/ECのアプレピタントがoptionになっていたので、使用を前提としたレジメンとしステロイドの量も変更しました。
  4. 上記②の変更に伴い、その他のレジメンについても制吐薬のガイドラインに従って前投薬を記載しました。
  5. 再発乳癌のレジメンでAC, EC, ドセタキセルについては、減量したレジメンを記載しました。
  6. その他、3週毎ドセタキセルを含むのレジメンの内服ステロイドを統一記載しました。術後パクリタキセル+トラスツズマブのトラスツズマブが毎週投与になっていたので3週毎投与に変更しました。
外科 総説 乳癌初期治療における乳房再建:インプラントとBIA-ALCLに関する情報をアップデートしました
放射線 総説2 遺伝子変異情報に基づいた遺伝性乳がんの治療方針に関するガイドラインが発表されたため、引用文献として追加し、文言を一部追記・修正した。
BQ8 術前薬物療法により病理学的完全奏効(pCR)が認められなかったHER2陽性乳癌に対しT-DM1が使用可能となったため、T-DM1と放射線療法の同時併用について追記しました。
FQ1 遺伝子変異情報に基づいた遺伝性乳がんの治療方針に関するガイドラインが発表されたため、引用文献として追加し、文言を一部修正し、ステートメントも変更しました。
CQ3 数値ならびに文献に誤りがあったため、訂正した。
CQ4
CQ5
CQ6
引用文献の1つの長期成績報告が発表されたため、引用文献として追加し、文言を一部追記・修正しました。
CQ7 引用文献の1つに誤りがあったため、訂正しました。
疫学予防 総説 遺伝性乳癌と遺伝学的検査,遺伝カウンセリング:現在の承認状況や方針にそって、大幅に記載修正と、図表の入れ替えをおこないました。

 

PAGETOP
Copyright © 一般社団法人日本乳癌学会 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.