患者さんのための乳癌診療ガイドライン 一般社団法人日本乳癌学会

乳がんの原因と予防

乳癌診療ガイドライン「乳がんの原因と予防」の目次です。

■ 原因と予防について

Q1 閲覧
食生活と乳がん発症リスクとの間に関連はありますか。

1-1 : 肥満は乳がん発症リスクと関連がありますか。
1-2 : アルコール飲料の摂取は乳がん発症リスクを高めますか。
1-3 : 大豆食品やイソフラボンを摂取することは乳がんの発症に関連がありますか。
1-4 : 乳がんの予防のために健康食品やサプリメントを摂取することは勧められますか。
1-5 : 乳製品の摂取は乳がん発症リスクを高めますか。
コラム : 食品と薬の違いについて

Q2 閲覧
生活習慣および持病と乳がん発症リスクとの間に関連はありますか。

2-1 : 喫煙は乳がん発症リスクと関連がありますか。
2-2 : 乳がんを予防するためには,運動を多くしたほうがよいでしょうか。
2-3 : ストレスは乳がん発症リスクを高めますか。
2-4 : 糖尿病と乳がんのリスクについて教えてください。

Q3 閲覧
更年期障害の治療に用いられるホルモン補充療法や、避妊の目的で用いられる経口避妊薬(ピル)は乳がん発症リスクを高めますか。
Q4 閲覧
妊娠・出産、授乳および月経歴と乳がんのリスクについて教えてください。
Q5 閲覧
乳がんと遺伝の関係を教えてください。

5-1 : 乳がんは遺伝しますか。
5-2 : 家系内に乳がんの患者さんがいる女性は,乳がん発症リスクが高くなりますか。
5-3 : 遺伝性乳がんの遺伝子検査で何がわかるのですか。

PAGETOP